様相論理 is Fun

様相論理の学習ノートです

MENU

Disりすぎたかも

仕事用のノートパソコンを家に帰ってからかばんから出して開いて起動するのが面倒。家用に二号機を買おうとも思ったけど、他にも買いたいものがあるし、どうしようと思っていたら、Elite X3 ノートドックの存在を思い出す。

 

オワコンのコンはContinuumのコンじゃない、と強がって使う。中古PCだの中華PCを安物買いをするより、お金を貯めて、Spectreのを買うまでの辛抱。天寿を全うさせてあげよう。

 

そう言えば, 中高生の時分に、勉強の仕方を教わらなかったなぁと、最近になって思った。時代遅れのポンコツ先生が劣化コピーを再生産する悲しさ。反面教師とはうまいことを言ったものだ。Disってもしょうがないけど。というか教わることを期待するより自ら学ぶべきだな。

 

最近は、英語とガチ数学を毎日勉強している。英語は、ルーティンができあがっていて、Z会出版の「英作文のトレーニング入門編」(旧版)と「ユメサク」の2周目。前者はあと20題位。後者はあと300題位で、CDをシャドーイングしながら、ゆっくりすすめている。

 

他には、小倉弘の「和文英訳教本 公式運用編」(青い本)。この著者の本から学ぶところは非常に多くて、いつやるかもわからないのに「京大の英作文」も買ってしまった。すでに飽和状態なのにいつやるんだか。

 

それから、河合出版の「英作文のストラテジー」の問題編。これは長めの和文英訳入試問題20題。一通りやったけど、完コピできるようになるまでやりこむ予定。あと10題。これの上位問題集は、Z会出版の「英作文のトレーニング実戦編」。自由英作文をいつになったら始められるのやら。

 

英文法は「1億人の英文法」を部分的に読み、おい「よみ」の予測変換の第一候補が何で「読売新聞」なんだよ、使用頻度明らかに低いだろ、と思いながら、ロイヤル英文法は残すところ200ページを切った。とは言え、certainとsomeの使い分けとかようわからんし、つどつどネット検索と、さらに文法書もう1冊(ケンブリッジコーパス英文法)もやらんと文法知識はおぼつかない。

 

他には、「スクランブル」の発音アクセントの章を通勤車中でシャドーイング2周。単語覚える前に先にやっておくべきだった。ポンコツ英語教材は音読させる前に、暗誦させる前に、ちゃんと発音の仕方とそのトレーニングの仕方こと書いとけ。日本人総英語音痴化の責任を取って、youtubeに誰でも利用しやすいためになる発音教材動画をアップしやがれ。

 

数学のことも書きたいが「夜更かしの習慣はじきに学業に影響を及ぼすよ」だから、今日は寝る