様相論理 is Fun

様相論理の学習ノートです

MENU

完全だけど不完全だ

アウトプットカス過ぎて、泣き。

 

命題論理の形式的証明の練習を「Models and Ultraproducts」でやって、Hughes&Cresswellの「Modal Logic」で様相論理の形式的証明をいっぱいやって、validityのcheckもあえてして、教育的配慮にありがたいなぁと思いつつも、いろいろと自分でもtheoremを補う必要もいっぱいあって、命題論理の問題集作りたいなぁと思った。YouTubeでRachel's English(英語の発音とかの教材映像)みてても思うが、こういう風に学習者の役に立ってる人たちめっちゃ尊敬するが、自分には到底真似できそうにないな

 

いつかやろうは馬鹿野郎なんだけど、ネタをあっためていずれ作りたい。

 

Blackburn et al.のmodernな「Modal Logic」は、順番から言ったら、H&Cの後にやるべきだと気づき、いまは手を付けていない。van Benthemの定理の理解のためにも、あやふやな理解の述語論理をなんとかしたいんだけれも、その勉強用にAmazonで注文した本が、あとで気付いたらなぞのインドの業者の出品で届かなさげな雰囲気をかもしていて不安。「Models and Ultraproducts」をちゃんとやれってことか。

 

がち数学以外だと、英作文は何冊かの問題集をそれぞれ何周かしている。

 

初等数学は、problem solving skillを磨くために、わりかし難しめの問題を解いている。

昨日は変な補助線を初めて引いた。

 

英作文とか、最近ではあまりやっていないけれども、この間までは化学を、散歩や何かのように、日課にしてやってたけど、様相論理というか、がちの数学は、そういう低俗な心がけでやるものではないんじゃないかって、今日になって、思うようになって、そんなんでものになるわけねーよ馬鹿野郎、と自責の念にかられる。