様相論理 is Fun

様相論理の学習ノートです

MENU

類題を集める(その2)

1から6までの目が等しい確率で出るさいころを4回投げる試行を考える.
  1. 出る目の最小値が$1$である確率を求めよ.
  2. 出る目の最小値が$1$で, かつ最大値が$6$である確率を求めよ.
$n$個のさいころを同時に投げて, 出た目の最小値を$X$, 最大値を$Y$とする.
  1. $X\geqq2$となる確率を求めよ.
  2. $Y=6$となる確率を求めよ.
  3. $X=1$かつ$Y=6$となる確率を求めよ.
サイコロを3回投げる. このとき出た目の数のうち, 最大の数が$5$, 最小の数が$2$である確率はアである.
(城西大学2011年)
$n$を2以上の自然数とする. $n$個のさいころを同時に投げるとき, 次の確率を求めよ.
  1. 少なくとも1個は1の目が出る確率.
  2. 出る目の最小値が$2$である確率.
  3. 出る目の最小値が$2$かつ最大値が$5$である確率.
(滋賀大学2007年)