様相論理 is Fun

様相論理の学習ノートです

MENU

停滞感の打開策

英作文や物理・化学の勉強の学習効率はほぼ限界理論値に到達しているように思うが、様相論理の勉強はほとんど捗っていない。

 

ただルーティンをこなしているだけで、微塵も創造的な勉強にせよ勉強以外の活動にせよしていない。

 

長い社畜生活で、あるいは単に歳のせいで、くだらないことをくだらないと思ったり、面白いことを面白いと思う感性が失われてしまったのか、それとも、そもそも若いころにあったものは中二レベルの空想力で、はじめから、創造的なことをなしうる可能性が自分にはなかったのか。

 

いずれにせよ、もう一度学ぶことに夢中になれたらなぁ。 

 

学習の参考になるかどうかわからないが、Wikipediaポール・ハルモス - Wikipediaのページをみると:

 

数学者になるには)何が必要だろうか?私は答えを知っているように思う。生来の資質は必要だ。常に完璧を目指すよう心掛けなければならない。数学をそれ以外の何にもまして愛さねばならない。休むことなく努力し、そして決して諦めてはならない。
原文:What does it take to be [a mathematician]? I think I know the answer: you have to be born right, you must continually strive to become perfect, you must love mathematics more than anything else, you must work at it hard and without stop, and you must never give up.

 

愛が足りないってことか!