読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

義務論理について考える

義務論理(Deontic logic)について考えてみます

英単語帳について

高校教科の勉強

効率よく英単語を覚えるためには、費やす時間・集中レベル、復習回数の方が重要だけれども、使う単語帳は効率を決める一つのパラメータではあると思う。

 

昨今の単語帳はどれも洗練されていて、出題頻度に基づいた単語・語義の選定とか、音声付きであることなどは、当たり前で、他にも覚えやすくする工夫が凝らされている。エビデンスはないけれども、一昔前と比べて、平均的な学習者の英単語の暗記効率は一昔前より上がっていると思う。

 

寝そべりながら辞書は引けないけど、単語帳は読めるし。

 

英単語帳のタイプは、フレーズで覚える、長文を読みながら覚える、語源で覚える等々

のものに分けられる。

 

隙間時間の利用を想定するなら(単語の学習はそもそもそういうものだと思う)フレーズで覚えるタイプが一番効率がいいと思う。

 

 定番のやつは

 

システム英単語 (駿台受験シリーズ)

システム英単語 (駿台受験シリーズ)

 

 

カバー外すとかっこいい

最近改訂というか、改悪?なのか、自主規制で例文が修正されたらしい。

 

シス単は音声CDとあわせて使うといいと思う。

 

シス単以上におすすめなのは

 

クラウン チャンクで英単語 Advanced

クラウン チャンクで英単語 Advanced

 

 シス単と同じコンセプトなんだけど、各節末に例文が載ってて、単語を覚える→節末の例文で覚えてるかどうか確認、的な使い方で自然に暗記+復習の学習サイクルを作れる。

 

シス単とほぼカバーしてる英単語は同じだと思う。

 

無料で音声がダウンロードできるけど、パソコンでダウンロードしないといけないし、ファイルを適当なフォルダに移動したり、Media Player経由でスマホに落とすのが面倒。自分としては、有料でいいから、使いやすい方がいいなと思った。

 

自分は以上の2冊を何周かして、大学入試レベルの英単語はほぼ覚えられた。 

 

最近になって

 

 

を買ったら、こっちの方がよかったかもと思った。これは単語帳の最高到達点だと思う。

 

忘れることも、単調な作業の繰り返しを退屈に感じることも、本能だから、単語覚えるのって楽しくないのが普通だけど、上記の単語帳はいずれも心理的なハードルを下げてくれると思う。